トップへ|お楽しみコンテンツ|スタッフブログ|はじめての方へ|ショップへ|カゴを見る

いつも鍵庄をご愛顧くださいまして誠にありがとうございます。
9回目を迎えました「お弁当&川柳コンテスト」も前回に引き続き沢山の作品をご応募いただきました。ご参加くださいました皆様に心より感謝申し上げます。

グランプリ バナー


子供が園内お店屋さんごっこで、中華店を担当するというので作りました。
ラーメンを表現するのに、苦労しました。ラーメンにもやっぱり海苔は欠かせません!
<受賞コメント>
この度はグランプリに選んで頂いただきありがとうございます。開けた瞬間に笑顔になれるお弁当を作りたいと始めたキャラ弁。いつもつい厳しく接してしまう息子達へのラブレターです。今回の受賞は一層の励みとなると共に”食”への感謝の気持ちを親子で感じられる機会となりました。ありがとうございました。

この度はグランプリに選んで頂いただきありがとうございます。開けた瞬間に笑顔になれるお弁当を作りたいと始めたキャラ弁。いつもつい厳しく接してしまう息子達へのラブレターです。今回の受賞は一層の励みとなると共に”食”への感謝の気持ちを親子で感じられる機会となりました。ありがとうございました。

この作品は応募のあった作品でも、特に企画力に光った作品でした!お弁当の蓋を開いたときの驚きと楽しさが伝わってくる工夫があり、お弁当箱に普通は入れる事の出来ないラーメンを海苔やチーズを駆使して見事に表現しています。おかずも豪華で、弁当箱の隙間もなく綺麗に収まっています。このお弁当を見た時の笑顔が伝わってくる素敵な作品でした。
グランプリおめでとうございます。

準グランプリ

準グランプリ

「これでいいのだ!」バカボンのパパの名言。世代がわかってしまいますが好きな言葉です。風呂敷の唐草模様でバカボンの雰囲気を。箸袋は手作りです。「これでいいのだ!」(笑)

私の好きな言葉をお弁当しました。まさかまさかの受賞でびっくりです。やっぱりバカボンのパパは偉大ですね(笑)今回の受賞を糧にこれからもお弁当作りに励みたいと思います。本当にありがとうございました。

ストレートに面白い弁当とはこの作品を指すのかもしれません。小さな桶の中に広がるバカボンのパパの名言「これでいいのだ!」と言う文字も、筆で書いたように切り取られており、技術力を感じました。文字だけではなく、バカボンのパパの顔が表現されていたら、グランプリだったかもしれません。文字のインパクトはもちろんですが、おかずも美味しそうなのも選ばせてもらった要因です。準グランプリおめでとうございます。

可愛いで賞

可愛いで賞

今週入園した末っ子三男。
お弁当が始まりとっても楽しみにしています。
大好きなネコちゃんのおにぎりのお弁当をキレイに
完食してくれました


この度は佳作に選んで頂いただきありがとうございま
す。何気なく作った普通の幼稚園弁当なので一層楽し
く励みになりました。
これからも楽しんでお弁当作りをしたいと思います。
猫の目線が可愛く、全体的に彩りも豊かなお弁当でした。まるで一つのイラストを見ているような気分になるお弁当です。さりげなく肉球を使うなど、猫好きにはたまらない要素がありました。佳作、おめでとうございます。

豪快で賞

豪快で賞

ジンベエザメのお弁当を作ってみました。
水色のお弁当箱の中を豪快に泳いでいます


この度は佳作に選んで頂いただいてありがとうござい
ます。
お弁当箱を見た息子が、ジンベサメだ-!と喜んでく
れたお弁当で、私も気に入っていたので、選んでいた
だいてうれしいです。

お弁当箱から飛び出してくるような豪快なお弁当でした。海苔もご飯もふんだんに使われているので、お腹がいっぱいになること間違いなしのお弁当です。お弁当にブルーを使ったのも、海の雰囲気が伝わってて来ていい感じです。佳作、おめでとうございます。

グランプリバナー

グランプリ

里帰りした時に、母と明日近くの公園へ行こう、行くならお弁当持って行きたいね・・・「作って」とおねだりされ作ったお弁当です。同じお弁当を2つ作るのも楽しく、秋を意識したお弁当にしました。公園内の東屋に腰かけゆっくりと自然の初秋とお弁当の秋を満喫してきました。

毎日弁当部門グランプリに選んでいただきありがとうございます。準グランプリ→準グランプリ→そして応募3回目にしてとうとうグランプリの受賞、大変嬉しいです。
母と一緒に食べたこの何気ないお弁当がさらにさらに思い出深いものになりました。

おかずの一品一品が丁寧に作られて詰められているのが伝わってくるお弁当でした。食材も秋を意識出来るものが使われ、彩りも食欲をそそるものになっています。使われている海苔は少量ですが、お母様への気持ちは大量に詰まったお弁当です。栄養バランスも良いので、まさに公園で秋空の下で食べるにはぴったりの内容です。
文句なしのグランプリ、おめでとうございます。

準グランプリ バナー

準グランプリ

少しずつ残ったおかずをたまには自分用におうち弁当にしてみました。自家製の梅干を使った梅しそ海苔巻、白菜の海老シュウマイ、ハム入り卵焼き、煮物などヘルシーなお弁当の出来上がり♪これを続けてたらダイエットできるかも・・・

この度は準グランプリに選んで頂きありがとうございます。ぱぱ弁でもなくキャラ弁でもなく自分のために残り物を集めて詰めるおうち弁。ちょこっと可愛くデコして気分を上げて…こんな時間を大切にしていきたいと思います。

ただの海苔巻では無く、自家製の梅干を巻いていたり、白菜の焼売や煮物など、健康の事を考えたお弁当でした。所々に散りばめられた花形に切られた野菜が美しく、文字通りお弁当に花を添えています。このお弁当を毎日持たせてもらえる旦那様が心から羨ましいと思います。この度は準グランプリ、おめでとうございます。

オシャレで賞

豪快で賞

たまには大人弁当もいいかなと思うときによく作る
おにぎりです。
ラインを海苔で作り海苔の幅を変えたり
方向を変えることでおにぎりの表情も変わります。
とても楽しめるアートなおにぎりです。


この度はありがとうございました。
よく作るおにぎりだったので子どもたちと一緒に喜
んでいます。そして感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも海苔を使ったお弁当を考案していきたい
と思います。

海苔を細く切っておにぎりにデザインするだけで、ここまでオシャレなお弁当になるのかと感心させられました。ラインおにぎりという新たなジャンルを見た気がします。おにぎりだけでなく、おかずもどれも美味しそうで、特に卵の半熟具合は絶妙です。素敵な大人弁当でした。佳作、おめでとうございます。

おしかったで賞

おしかったで賞 画像1おしかったで賞 画像2おしかったで賞 画像3
おしかったで賞 画像4おしかったで賞 画像5おしかったで賞 画像6

川柳
川柳グランプリ


嫌なことがあり実家へ行った日、母は何も聞かず笑って、「ご飯食べて行き」と言ってくれ、気持ちが救われました。そして、何気ない会話が私の心を緩めてくれました。

ただ笑って受け入れてくれる人がいる。それだけで安心しました。家族あってこその受賞なので、実家の母と弟へ感謝のしるしとなります。ありがとうございます。

母の優しさが溢れた一句でした。帰ってきた理由を尋ねる事無くご飯の準備をしてくれるお母さんの姿に感動すると共に、その情景が頭の中に浮かびます。何年経過しても、お母さんはお母さんなのだと、強く感じる事の出来る素晴らしい作品でした。文句なしのグランプリ、おめでとうございます!

川柳 準グランプリ


父としての厳しさと、ユーモアを持った姿。

このたびは準グランプリを頂けたということで、ありがとうございます。
幼い頃、父は私が転んでも手助けはせず、立ち上がるのを黙って見ているだけだったのをうっすらと憶えています。その父の姿勢は大きくなった後も変わらず、寡黙に厳格にいつでも見守っていてくれました。私は何度も転び、迷惑を掛けたこともありましたが、今もずっと感謝しています。

親は子の平穏な人生を願うものですが、子の一生に寄り添い続けることはできません。強く幸せに生きてほしいからこそ、転ぶことの意味と価値を知ってほしいと願うのではないでしょうか。世界中の誰よりも、強くなるチャンスを与え続けてくれる大きな背中。「背中」という言葉に、親の祈りが見えたような気がしました。

佳作1


大事な人は亡くなってその人からもらった愛に気付き同時にもっとこうしておけばよかった悔いが出て気持ちの揺れを表現しました。

この句は私の母が亡くなった時に思った気持ちを表現しました。
評価していただいて大変うれしく思います。

色々なものを与えてくれたことを思い出すのでしょう、それだけのものを返せなかったことを悔やむのでしょう。離別にはいつも、愛と後悔が伴います。火葬場という言葉にはドキッとしますが、リアリティのある単語だからこそ、ふたつの感情を効果的に際立てています。

佳作2


亡き祖母は、温かな眼でいつも褒めてくれました。褒められると、本当に嬉しく、誇らしい気持ちになったものです褒められた通りの人間になろうと、子供ながらに思っていたのかもしれません。今も、亡き祖母の優しい声に励まされています。

大好きだった祖母の思い出を作句し、楽しいひとときを過ごすことができました。
そのうえ賞まで頂戴し、感謝の思いでいっぱいです。褒められると、本当にそうなりたいと思う私です。受賞も、褒められているようで、本当に嬉しいです。

形あるものはいつか壊れてしまいますが、心に作用した言葉や景色はいつまでも色褪せることがありません。親や家族の期待は、ときに荷物のような重さになってしまうこともありますが、その期待があるからこそ「こたえたい」という気持ちにもなるのでしょう。呪文が解けていないという表現から、生前の温かい光景が浮かび、今もこころに生き続けているおばあさんの優しい声が聞こえてくるようですね。

佳作3


父も仕事があるのに送ってくれます。

この度は選んで下さりありがとうございます。日頃の父への感謝をどうしたら伝えられるか…と考えた結果川柳にしてみようと思い、詠んでみました。(直接伝えるのははずかしいので)この結果をさっそく父に見せてみようと思います!

朝早くても、愛する子供の為なら動いてしまうのが親なんですよね。面と向かって交わす言葉は少なくても、行動で示している父親の姿に感動しました。ドラマのワンシーンのような一句です。佳作、おめでとうございます。

佳作4


喧嘩した翌朝も弁当は必ず置いてあった。

私の亡母、妻の弁当は、人前で食べると羨ましがられたものです。でも、反抗期、夫婦喧嘩の朝にも、必ず黙って作ってあった味は忘れられないものです。
追伸:この春、明石市に一人娘を嫁がせました。彼女も、そんな弁当を繋いでくれることを祈っ
ています。

血のつながりがあるからこそ安心して喧嘩出来る。どんなに喧嘩しても、朝出発するまでに弁当を用意してくれる人が居る。家族の温かさを感じる川柳でした。お弁当は、親から子への愛のメッセージですね。佳作、おめでとうございます。

佳作5


親の遺品のアルバムの中には私の写真で溢れ、その数の多さに親の深い愛を知った様を詠んでみました。

この度は私が詠みました川柳を佳作に選んでいただきありがとうございます。家族で運動会やピクニックに時などで、海苔に包まれた大きなおにぎりを頬張る姿をの写真などが沢山遺されていいるのを知って詠んだ川柳が、入賞し出来ましたのも天国からの贈り物と思うと共に御社には深く感謝しております。

どれだけ自分を愛していたのかは、遺されたもので気付くと聞いたことがあります。その一つが写真であり、そこに詰まった笑顔や思いです。この一句には淋しい雰囲気があるものの、愛されていた事に気付く感動が溢れていました。佳作、おめでとうございます。

佳作6


75歳で携帯を使うようになった父。メールは絶対無理だと思っていたら送ってきました。漢字変換はまだ難しいようです。

この度は、選んで頂きまして本当にありがとうございます。最近では父のメールも少しだけ漢字が混ざるようになり、うれしく思っています。

不器用な父の優しさが詰まった一句でした。苦手なメールでも、子供の為なら苦にならない愛情を感じます。佳作、おめでとうございます。

特別審査員賞


川柳はものではなく、ひとを描くもの。
審査員特別賞として選んだこの句からは、憂いを抱いた親御さんに無邪気に近づいてきて笑う子どもたちとその笑顔によって「落ち込んでばかりもいられない」と勇気づけられているドラマを感じることができました。
家族はいろいろなものを与えてくれますが、当たり前に元気に存在してくれるということが、私たちの日常を安定させているのだという大切なことを教えられたような気がします。私たちは、家族の笑顔にどれだけ貢献をし、そして、家族の笑顔にどれだけの感謝をできているのでしょうか。
優しいドラマにたくさんの想像が満ちていて和まされました。ありがとうございます。

おしかったで賞

カジさん   「肩もみ券 使えず10年 お守りに」
むーむーさん 「目覚ましの ベルより母の 家事の音」
松下弘美さん 「病得て 家族の愛を 思い知る」
押忍!院長さん「補助輪を 支えた父の 杖になる」
せちいさん  「遺産より 良い遺伝子が 宝物」
結び目さん  「思春期の こころを湿布 する夜食」
けいさん   「悩んだら 想うよ母の ケセラセラ」
ワタミツさん 「好きなこと させてもらえて 今がある」
風信子さん  「朗らかな 笑顔こころの 基地でした」
宮のふみさん 「超えさせる つもりで背伸び してる父」

最新情報

一覧へ

鍵庄がLINEを始めました♪

LINE限定のお得なクーポンも配布予定です!

是非、登録してくださいね!

画像のQRコードからページに飛びますので、試してみてください(*^_^*)

8nyXs9Ggdp

会員様の特典

質問コーナー

鍵庄 季節カタログ2016夏

お買い物をされる方へ

リンク集

ヴィッセル神戸

店舗情報