第7回春の海苔レシピコンテスト 結果発表

いつもご愛顧頂き、誠にありがとうございます。
春の海苔レシピコンテストも今年で7回目を迎えました。
参加者は前回よりも多く、過去最高の応募数となりました。
鍵庄が開催するレシピコンテストでは、海苔をどのように使っているか、彩りや栄養バランスはあるか、オリジナリティ(工夫)はあるか、そして実際に作って食べてみたいかどうかが審査基準となっております。
今回は特に創意工夫された作品が多く審査は難航しましたが、「美味しそう」の声が一番多かった作品がグランプリに輝きました。
ご参加頂きました皆様には、心より感謝申し上げます。
鍵庄ではこれからも様々なコンテストを実施予定ですので、ぜひご参加ください。

第6回の結果はこちら↓↓
それ以前の結果:第1回 第2回 第3回 第4回 第5回

ベトナム風、海苔と海老の揚げ春巻き わかめちゃんさん

小学校で栄養士をしています。子供の頃から料理が好きで、高校生の時に初めて料理選手権に参加して以来コンテストやレシピ投稿の募集があると応募しています。最近、なかなか応募できていなかったので、久し振りに挑戦したいと思い検索していたところ今回のコンテストを知りました。

レシピ詳細

【材料】

焼き海苔全形 2枚
ライスペーパー 8枚
むきエビ 200g
レンコン 50g
椎茸 1個(20g)
万能ネギ 5本
A 塩コショウ 少々
A 醤油 小さじ2
A 酒 小さじ2
A ごま油 小さじ2
片くり粉 大さじ1
揚げ油 適量
スイートチリソース

【作り方】

1,エビは粗みじん切りにします。
2,レンコン、椎茸、ネギはみじん切りにします。
3,ボールに1、2、Aを入れて混ぜ、片くり粉を加え混ぜ合わせる。
4,ライスペーパーは水にくぐらせ、濡れ布巾か湿らせたまな板におきキッチンペーパーで水気をとる。
5,焼き海苔1/4枚を置き、海苔の上に3の具1/8量をのせ両端を折りたたんで手前から巻く
6,フライパンに1cmぐらいの油を引き、160〜170℃で上下返しながらカリッとするまで揚げる。
7,レタス、レモンなどと盛り付け、チリソースを添える。

応募時作品コメント

海苔との相性が良い米、ライスペーパーとの相性も良いのではと考えました。サックりもっちりとした食感と海苔の風味を活かした和とベトナムが融合した一品です。具の味付けの醤油をナンプラーに変えるとエスニック感が出ます。

受賞コメント

大好きな海苔で楽しく海苔料理に挑戦しましたが、まさかのグランプリ受賞という嬉しいご連絡に、その日は口元が緩みっぱなしの1日でした。海苔は低カロリーで栄養素のバランスもよく、日々の食事に積極的に取り入れたい食材ですので、多くの人が「食べてみたい」と思えるレシピをこれからも考えたいと思います。

■ 審査員コメント ■

海苔といえば「和」というイメージがある中、揚げ春巻きをベトナム風にアレンジしている所に注目が集まりました。また、具材にもこだわっており、海老を入れることで食感にも工夫がされています。ライスペーパーで海苔を閉じ込めているので、エスニックな風味の中に磯の香りも楽しめそうです。一度作ってみたいという声や、お酒のつまみにもなりそうだという声も多く、満場一致のグランプリとなりました。この度はグランプリの受賞、おめでとうございます。

海苔バターチキンカレー sarada.makiさん

Instagramを中心に料理投稿を楽しんでいます。今まで誰も作ったことのないような料理、レシピを考えるのが趣味でレシピコンテストにも積極的にチャレンジしています。

レシピ詳細

【材料】(2人分)

・米…1合
・ターメリックパウダー…小さじ1/2
・水…適宜
・鶏肉 (もも) …1枚
・玉ねぎ …1/2個
・にんにく…1片
・生姜…1片
・トマトジュース…400ml
・バター…40g
(A)焼き海苔…全形5枚
(A)砂糖…大さじ1
(A)みりん…大さじ2
(A)しょうゆ…大さじ3
(A)水…100ml
(B)ヨーグルト…200g
(B)カレー粉…小さじ1
(C)カレー粉…小さじ2
・砂糖…小さじ1
・塩…小さじ1/2
・生クリーム …小さじ2
・刻みのり…適量
・水菜、ミニトマト

【作り方】

①:米は炊き始める30分前に洗い、水気を切る。炊飯窯に米、ターメリックパウダーを入れて水1合の目盛りまで入れ、混ぜ合わせて炊飯する。
②:鶏もも肉の全体にフォークで穴をあけ、ひと口大に切る。(B)をボウルに入れて混ぜ合わせ、鶏もも肉を加えて軽く混ぜ、ラップをして冷蔵庫で30分ほど置く。
③:海苔の佃煮を作る。鍋に(A)を入れる。焼き海苔はちぎり入れてふやかす。中火にかけて水気がなくなるまで煮詰める。
④:玉ねぎ、にんにく、生姜はみじん切りにする。
⑤:フライパンにバターの分量のうち半量を溶かし、にんにくと生姜を加えて炒める。香りが立ったら玉ねぎを加え炒め、さらに(B)を加え、玉ねぎがしんなりするまで炒める。
⑥:②を加えて炒める。鶏肉に火が通り弾力が出てきたら、トマトジュースと③を加えて混ぜながら煮る。
⑦:残りのバターを加えて溶かし混ぜ、砂糖と塩を加え煮る。
⑧:皿に①のターメリックライスを盛り付け、⑦をかける。上から生クリームをかけ、水菜、ミニトマト、刻み海苔(追い海苔)を添える。

応募時作品コメント

海苔のコクと風味、トマトの酸味と旨味、バターの風味が効いたまろやかな味わいのカレーです。ターメリックライスとも相性抜群で食がすすみます!

受賞コメント

前回「おしかったで賞」に2作品が選ばれ大変悔しく思いました。「今度こそは!」と思い再チャレンジし、準グランプリに選んで頂けて大変嬉しかったです。海苔の料理を考える事はとても楽しく、海苔の持つ可能性は無限大だと思いました。これからも新しい海苔料理にチャレンジしたいと思います。

■ 審査員コメント ■

カレーに海苔を散らしているだけかと思いきや、海苔の佃煮を作り、ルーに取り入れている所が驚きました。また、トマトの酸味とバターの風味を融合させるなど、細かい工夫やこだわりも見られます。このレシピを見ると、普段何気なく作っているカレーにひと手間加えたくなるでしょう。この度は準グランプリの受賞、おめでとうございます。

春野菜の卵春巻き~海苔だれ 山まりさん

「食」に関すること…食べること、料理すること、献立に合う器を選ぶこと等が好きです。普段は旬のもの、素材の持ち味を生かしたものを使って、美味しく、できればヘルシーに、できれば簡単に、食事作りを楽しんでいます。ときどき、今回のようにコンテスト用のレシピを創作するのは、ワクワク感のある楽しみです。

レシピ詳細

【材料】(2人分【2本分】)

●具
アスパラガス 4本
菜の花 6茎分
にんじん 4~5cm分
油揚げ 1/2枚
しいたけ・きくらげ 各1枚
A【酒 大さじ1、ガラスープの素 小さじ1、塩 少々】
水溶き片栗 少々
片栗粉・ごま油 各適宜

●皮
卵 2個
B【水・片栗粉 各小さじ2、塩 2つまみ】
(米)油 少々
焼き海苔(全形)2枚

●海苔だれ
焼き海苔(全形) 1枚、
だし(水) 大さじ5
練り辛子 少々
C【みりん・酒・醤油 各大さじ1、酢 小さじ1】

【作り方】

1.2つに切ったアスパラと菜の花はさっと塩ゆでする。
2.にんじんはピーラーでそぐ。油揚げは短冊切り、しいたけときくらげは薄切りにする。
3.フライパンにごま油少々を熱し2を炒める。全体に油が回ると1も加えてひと炒めし、Aで味を調える。水溶き片栗を回しかけて混ぜ火を通し、バットにうつして粗熱をとる。
4.卵を溶きほぐしBを混ぜたものを加え、よく混ぜる。フライパン(直径26cmくらい)に油を軽く熱したところに流して両面さっと焼き、薄焼き卵を2枚作り粗熱をとる。
5.4の薄焼き卵に海苔をのせ、3の具をのせクルクル巻く(両端はそのまま)。片栗粉を表面にまぶして、ごま油を熱したフライパンで転がすようにこんがり焼く。
6.海苔を細かくちぎって小鍋に入れ、だしを入れて少しおいてふかしてから火にかけ、Cを入れて少し煮て味をととのえ、火を止めて練り辛子を加え混ぜる。
7.5を切り分けて6の海苔だれを添える。

※ 歯ごたえと味を楽しむため、しいたけときくらげを入れましたが、どちらか2枚にしても…生でも乾燥を戻したものでも、お好みでどうぞ。
※ 薄焼き卵をきれいな黄色に作りたいときには、カラザの部分を取り除いて混ぜる。(カラザはもったいないので、汁物などに使う)

応募時作品コメント

春野菜を巻き込んだ薄焼き卵と海苔が皮の春巻き。周りに片栗粉をまぶして油で香ばしく炒め焼きにしたので、食感と風味がよく、野菜が美味しくいただけます。酸味と辛子を少し効かせた海苔だれが相性よし。火の通りのいい材料をクルっと巻くだけの作りやすいレシピです。

受賞コメント

佳作を頂きありがとうございます!一般的な皮でなく薄焼き卵で作る春巻きは人気の一品。海苔を合わせることで、さらに美味しさが広がります。海苔は、その風味も色目もアクセントになり、毎日の献立に大活躍しています。

■ 審査員コメント ■

海苔だれとは何だろう。その興味からレシピを拝見すると酸味や辛味もあり、肉料理や野菜、様々な料理に相性が良さそうだなと思いました。野菜が苦手なお子様も、海苔と卵の力で食べることができるかもしれません。薄焼き卵の中にも海苔を敷いており、まさに海苔尽くしといったレシピです。この度は佳作の受賞、おめでとうございます。

ノリンチーニ!!海苔チーズライスコロッケ
ヒロミさん

料理コンテストに応募するのが趣味です。最近は廃食材や残り物を豪華に美味しく食べられるようなレシピを研究しています。

レシピ詳細

【材料】(5個分)

ご飯(余りご飯でも可)1合分
〔A〕=====
海苔 全形焼き海苔1枚(細かくちぎっておく)
水 小さじ2
醤油 小さじ2
みりん 小さじ2
砂糖小さじ1
========
とろけるチーズ(フレーク状のもの) 大さじ4~5
小麦粉 大さじ2
卵 1個
パン粉(ドライタイプ) 大さじ3~4
揚げ油 適量 
ベビーリーフ、マヨネーズ、ケチャップ等(付け合せ・飾り)

※ご飯は気持ち硬めに炊いた方がよりおいしく出来上がります。
※パン粉はフードプロセッサーなどで細かくしたものを使用すると、あまり油を吸わずさっぱりとした仕上がりになります。
※材料〔A〕の代わりに市販の海苔の佃煮を使用しても可能です。その場合は大さじ1程度を使用して下さい。
※揚げ油の3分の1ほどをオリーブオイルにすると、風味が増しますのでおすすめです。

【作り方】

①ガラスの耐熱ボウルなどに〔A〕の材料を全て入れ、軽く混ぜてから電子レンジ500wで20秒加熱し、あら熱をとる。
②ご飯に①を入れ、のりご飯をつくって5等分する。
③ラップ等にのりご飯、真ん中にチーズを入れ丸く形成する。(ピンポン玉よりすこし大きい位)
④形成したのりご飯に、小麦粉、卵、パン粉をまぶしつける。
⑤180度に熱した油できつね色になるまで揚げる。

「ノリンチーニ」は揚げたてが格別ですが、冷めても海苔の味が染みて美味しいのでお弁当やお子様のおやつの作り置きにもおすすめです。余りご飯がご馳走になるお助けレシピとしてあっという間にわが家の定番メニューとなりました!もちろんワインとも相性抜群です。

応募時作品コメント

イタリアのB級グルメの「アランチーニ」というライスコロッケにヒントを得て、中身を海苔ご飯にした「ノリンチーニ」を創作しました。割るととろけ出すチーズと海苔ごはんの香りが食欲をそそり、子供から大人まで好まれそうな、簡単なのに豪華なレシピになったと思います。どちらのご家庭でも常備されているようなシンプルな材料を使っていますので、思いついた時にすぐにつくれるお手軽な海苔レシピです。

受賞コメント

海苔は子供の頃から大好きな食べ物ですので、賞をいただきとても嬉しいです。海苔は「うま味」が豊富ですので和食だけでなく外国の料理とも相性が良いと思っています。この度の受賞をきっかけに、これからも美味しい海苔のレシピを考えていきたいです。ありがとうございました。

■ 審査員コメント ■

チーズを使ったレシピの中で審査員から一番食べたいという声が多かったのがこのレシピです。「ノリンチーニ」というレシピ名も響きが可愛く、イタリア料理のレストランで出てきてもおかしくない一品です。夕食の献立にはもちろん、お子様のお弁当にも喜ばれるレシピです。この度は佳作の受賞、おめでとうございます。

大豆とツナの海苔ドレサラダ 早百合さん

日頃から、いろんな料理コンテストに応募するのが趣味で、春の海苔レシピコンテストには、毎回応募させて頂いています。第2回は準グランプリ•第4回はグランプリを受賞させて頂きました。この料理は、あと一品欲しい時にサッと出来て、磯風味満載の一皿です。ぜひお試しください。

レシピ詳細

【材料】(4人分)

大豆(水煮)  200g
にんじん    60g
玉ねぎ(みじん切り)大さじ3
ツナ缶(漬油も使用)1缶(固形量75g)
桜エビ     5g

【海苔ドレッシング】
焼き海苔(板海苔サイズ) 2枚
レモン汁    大さじ3
サラダ油    大さじ1
ごま油     大さじ1
はちみつ    小さじ1/2
塩       小さじ1/2
こしょう    少々

【作り方】

①海苔ドレッシングをつくる。ボウルにドレッシングの調味料を入れよく混ぜ合わせ、焼き海苔を揉みほぐしながら加えてサッと混ぜ合わせておく。
②大豆は沸騰したお湯に30秒ほどくぐらせて、ザルにあげておく。
③にんじんは、1㎝角に切り、耐熱のビニール袋に入れて、600wのレンジで1分加熱する。(固いようなら10秒ずつ、加減しながら加熱する)
④①のボウルに大豆・にんじん・ツナ(ツナの漬油も)・玉ねぎを加えてよく混ぜ合わせる。
⑤器に盛り付ける前に桜エビを加えて、さっくり混ぜ合わせ、器に盛り付ける。

応募時作品コメント

あと一品欲しい時に簡単に出来ます。畑のお肉と言われる大豆を海の食材で、デコレーションしました。海苔ドレッシングの海苔が大豆に絡み、とても食べやすくて美味しいです。カレーや揚げ物の付け合わせにもピッタリです。さっぱりした口当たりが食欲をそそります。

受賞コメント

この度は、佳作を頂きありがとうございます。ギリギリまで良いアイデアが浮かばず、今回は諦めようかと思ったのですが、突然キラン☆と閃き応募しました。その料理が受賞出来て本当に嬉しいです。

■ 審査員コメント ■

栄養たっぷりな副菜として献立に加えたくなるレシピです。脂っこいメイン料理がある時、このレシピが傍に居てくれるだけで安心感があります。海苔を自家製のドレッシングにしている所が素晴らしく、家で試してみようと思う審査員も多くおりました。この度は、佳作の受賞、おめでとうございます。

最終審査まで残った6作品です。ギリギリで入賞を逃してしまいましたが、どれも美味しそう。次回のコンテストでも素敵なレシピをお待ちしております!!